大和経営について

お客様の思いを大切にすることからはじめます

私たちは、お客様の思いを大切することを常に考えています。
その理由は、これまで事業や会社経営を行っている人たちの様々な苦労を目の当たりにし、その思いを尊重できなければ、互いにとって良い関係など、ありえないと感じたからです。

私の両親は、夫婦で事業を営んでおりました。その中で、人のこと、物のこと・お金のこと、いわゆる「ヒト・コト・カネ」について、かなり苦労していたようですが、私には、全くその苦労を感じさせず育ててくれました。そのことは、大人になってから聞ききました。

保険業に関わってみると、実際には、もっと多くの人達や経営者が同じような思いをお持ちであることを知ります。
苦労を感じさせまいとする両親の思いに深く感謝すると共に、自分の人生における環境や思いから、そういった方々のお役に、少しでも立ちたいと強く思い、金融の道を目指すことにしました。

お客様の思いを大切に考え、喜んで頂くことが、自分の原動力になっております。また、そのことが「三方よし」という理念を強くすることとなりました。その実践の積み重ねが、お客様からの信頼につながり、多く保険業を行う方がいる中で選んでいただき、共に歩ませて頂けているのだと思っております。

保険だけでは、本当のお役に立つことはできないと考えております

保険+ABC=お客様の満足

お客様は、多岐にわたり様々な思いを持っておられます。保険以外の面でもお客様の問題や課題に、一緒になって向き合い、少しでもお役に立ちたいと思っております。

その中で、保険を選択し活用する場合には、お客様のご要望や状況など、全体を把握してご提案しなければいけません。保険を使うということは、一つの問題の解決であり、また、目的を達成するものです。保険に入ったことで、お客様に迷惑がかかることは、あってはならないのです。

お客様のお話を伺うことで、見えてくる問題はたくさんあります。そのことを、放っておいて、保険だけ売ると言うのは、どうなのでしょうか?私たちは、常に考え続けます。「保険を売るだけでなく、今、お会いさせて頂いているお客様の喜びやお役に立つことは、何なのか・・・」ということを。

「三方よし」という経営理念から自分達は何をすべきか、おのずと答えは出てきます。
大和経営は、お客様の喜びや発展に貢献し、お役に立つことが目的です。「私たちが出来る事は、精一杯やっていこう!」と言う基準で経営をしています。

お客様、社会、そして自分たちの物心両面の幸福の為に「三方よし」を実行しています

三方よし

私たちには、信じていることがあります。また、その言葉をなんの迷いもなく経営理念として掲げることを決めました。

「買い手よし、世間よし、売り手よし」の「三方よし」という考え方です。

その理由は、『人が喜ぶ事、発展することに貢献し続ければ、必ず徳を積むことになり、幸せが返ってくる』という考えだからです。大和経営を創業した理由も、この「三方よし」で仕事をしていきたい、この考えならまい進できるという思いがあったからです。

弊社事業のすべての判断基準は、「お客様の喜びと発展」です。この「三方よし」を経営理念とし、全てのお客様、社会全体の発展に貢献し、全従業員の物心両面の幸福を追求致します。

大和経営の命名の由来

大和経営

当社の名称は、お客様のお役に立ち、社会に貢献し続けていくために、自社で出来ない事でも人脈をご紹介して、お客様に喜んで頂けるように、「大きな和」を築き続けて、経営していくと言う信念から「大和経営(だいわけいえい)」と命名しました。
お客様に喜んで頂き、ご紹介させて頂く方にも喜んで頂き、他者の喜びを共有し喜ぶということの『三方よし』もまた、大切な活動の一つであります。

保険相談役だけでなく、事業や人生の相談窓口を目指しております

私たちは、『お客様の代理人』として、常に保険商品の選択と、お客様の問題解決に必要な人脈や情報収集に努めております。

いくら気をつけていても、日々の生活の中や、事業を行っていくうえで、様々な不安や問題が生じることは多々あります。そのような難しい問題を、一人で悩んだり、決断する前に、必要な情報や問題解決の専門家がいる方が、良い結果につながる可能性が高いのです。

その不安や問題解決の手段としての保険を、安心して購入できる窓口としてだけでなく、人生や事業に役立つ、有益な情報や事業の人脈などの提供など、様々な相談ができる「安心な総合相談窓口」として大和経営はお役に立つことができます。

大和経営は人が育つ組織を目指しています

お客様のお役に立ち、社会に貢献するためには、まず、人としての心を磨き、信頼を得るにふさわしい人間に成ることが必要と考えております。
人を磨く事、すなわち『徳を積むという考えと行動』の精進です。

心・技・体

上記の心技体を磨き、「人間力」を高め続ける事が、お客様のお役に立ち続けるために、必要不可欠な要素ではないかと考えております。
人材を磨き、育てることができる組織作りが、私たちの責任と社会への貢献の一つだと考えております。

多種多様な人脈を築き、あなたの問題の解決を目指します

私たちは、お客様のあらゆるご要望にお応えできるように、ご紹介できる人脈を広げ続けています。その理由は、お客様のお役に立つ方法が分かっても、大和経営では出来ない事が多々あるからです。

私たちの目的は、保険を売ることではなく、お客様の喜びと発展です。

そのために、お客様のご要望を叶え、問題を解決出来る多種多様のハイレベルな人脈を形成する必要があります。そうすることで、お客様の様々な問題を解決することが出来るだけではなく、ご紹介する専門業者の方々のお役にも立つことができるのです。

他者の喜び、発展に貢献するという徳を積む行動が、三方よしの実践であり、私たちの目指す『道』であるという考えです。

私たちの目的

『三方よし』の理念を実践すること。すなわち、お客様と社会の発展に貢献し、全従業員のお客様の物心両面の幸福を追求する事。

私たちは、事業を通じて、お客様の喜び、社会の発展に貢献し、全従業員の物心両面の幸福を追求する事を目的としております。事業は本来、社会に貢献するという目的で存在しているという大原則に基づいております。社会とは、社外においては、お客様、取引先、その他すべての存在、社内においては、従業員をはじめ、法人自身になります。また、発展とは、精神的、経済的の向上に基づくものであり、WIN-WINの関係無くして長期的な取引、共存共栄は、実現しないと考えているからです。

私たちの目標

『三方よし』の経営理念を守り、人と企業が無限に成長していくことに挑戦し続け、社会に役立ち続ける100年企業となる。

日本全国展開とともに海外に進出し、100を超える支店をつくり、雇用を創造すると共に、様々な地域でお客様と社会にお役に立つ。

売上高(お客様からの貢献と信頼の証として)100億円の企業となる。

この目標は、自分たちの行いが自己満足とならないよう、三方よしの目的を達成しているという証として、掲げているものです。
売上を伸ばすことや、店舗数を増やすこと、そして、100年続くことは、社会のお客様のお役に立っているという一つの「信頼の証」であり、またその信頼を守り続けるための「責任の証」なのだと考えております。
この「3つの目標」が、多くのお客様に喜ばれ、ご縁を頂き続けるために必要な「証」です。

お約束します

これらの思いや考えを持って、全ての人達と関わってまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

メニュー

お問い合わせ