保険紹介(個人保険)

個人保険

あなたの不安は、「保険で軽減」出来ます。

保険に加入される前に皆様に気を付けて頂きたいことは、明確な目的をもって保険加入して頂きたいということです。
その目的が以下の大きな3つです。

保障の目的

生活保障、病気・ケガの治療資金、介護資金、財産の補償、他人への賠償責任等

貯蓄の目的

教育資金、老後資金、介護資金、納税資金、代償分割資金等

法律活用の目的

生命保険料控除、医療介護保険料控除、個人年金保険料控除、相続財産における生命保険金非課税制度、生命保険契約に関する権利の評価、保険金受取人固有の財産評価、遺留分の減額等

お客様に潜在する目的を明確にすることで、私たちは皆様に、ご納得頂ける保険商品をご提供する事が出来ます。

個人保険の主な種類

生命保険、医療保険、がん保険、介護保険、個人年金保険、火災保険、自動車保険、傷害保険、
日常生活賠償責任保険、その他

このような方はお勧めです

  • 自分に対する保障、安心が欲しい方
  • 自分と家族の生活に対する保障、安心が欲しい方
  • 人生の変化があった方(就職、結婚、子育て終了、定年退職等)
  • 保険料を減らしたい方
  • 目的を持って、貯蓄したい方(教育資金、老後生活資金、相続税納税資金等)
  • 相続対策を考えている方
  • 対外的な賠償責任が発生した場合に、不安を感じる方
  • 資産が損害を受けた場合に、困る方

導入することによってどうなるの?

  • 現在の自分にあった保険加入で、大きな安心感を手に入れる事が出来ます。

個人保険のメリット・デメリット

メリット
  • 目的にあった保険加入で、貯蓄や保障など生活の安心感が上がります。
  • 保険の、障害年金や遺族年金の補足、ケガ・病気・介護の治療資金のサポートが得られます。
  • 生命保険料控除や相続税の非課税などの税法の優遇が得られます。
  • 万が一の経済的危機を、保険で解決しやすくなります。
デメリット
  • 保険料という費用が、発生致します。
  • 加入、継続による事務手続き等、少しお時間を頂戴致します。
一家の大黒柱が事故で帰らぬ人に。

遺族年金とは別に、ご遺族の生活費や教育資金の加入目的どおりに、保険金が支払われ、生活の維持やお子様の夢を諦めさせることなく、その後の生活を送ることが出来た。

事故で、下半身麻痺の状況になった。

国からの障害年金を支給されるとともに、加入していた生命保険から、高度障害保険金として保険金が給付されたので、その後の生活費や治療費、自宅の改修工事など様々なことに使え助かった。

肺に悪性腫瘍が見つかった。

医療費3割負担、高額療養費の国の制度があるが、対象外の個室ベッド代や食事代、その他諸費用など、がんの診断一時金やその他給付金が支払われたことで、経済的な不安を減らすことが出来た。

子どもが自転車で歩いている人に衝突してしまい、被害者が死亡してしまった。

訴訟により約9000万円の支払いを命じる判決が出たが、賠償の保険で対応することが出来た。

台風の大雨により土石流が発生し、家屋に大きな被害が発生した。

加入している火災保険により、自宅の修理費や後片付けの費用が出て助かった。

地震により自宅が全壊した。

加入している地震保険からの保険金で、その後の生活の立て直しが出来た。

メニュー

お問い合わせ